もっちー日記(横浜市会議員 望月やすひろ オフィシャルブログ)

2015年02月06日 · コメント(0) · お知らせ

空き家対策

「樹木や雑草をどうにかしてほしい」
「放火されたら」
「誰かが侵入してるかも」
「ゴミや害虫も心配」
「建物や塀が崩れるのでは」

 管理されていない所有者不明の老朽空き家が増えており、空き巣や放火の危険性やゴミの不法投棄、景観が悪化するなど、地域に不安を与えています。

 総務省によると、全国の空き家は2013年で820万戸。総住宅数の13.5%と過去最高を更新しています。
空き家問題が全国で表面化してきている背景のなか、昨年の12月19日、国において「空き家対策推進特別措置法(特措法)」が成立しました。
 この特措法により、次の①~④の対応が可能となります。

①市町村は、固定資産税の納税情報を活用して所有者を把握しやすくなる。
②倒壊する危険や衛生上有害となる恐れがある空き家について、市町村による立ち入り調査が可能。
③所有者に撤去や修繕を命令できるようになり、命令に違反した場合は50万円以下の過料を課し、行政代執行による撤去も可能となる。
④国や県が空き家対策の費用を補助する仕組みを整える。

 この特措法に基づき、横浜市においては平成27年度、「空き家等対策計画」の策定が予定されています。<一日でも早く実効性のある空き家対策を>望月やすひろは空き家対策に全力で取り組みます。
 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。