もっちー日記(横浜市会議員 望月やすひろ オフィシャルブログ)

2014年01月24日 · コメント(0) · お知らせ

相模原市の中学校給食

24日、相模原市役所を訪れデリバリー方式で実施されている中学校の給食について話を伺いました。相模原市は旧相模原市、津久井町、城山町、藤野町、相模湖町の合併により政令市となりました。それに伴い、それぞれの市町村でばらばらだった中学校の昼食をあり方検討会で検討することになり、給食がなかった旧相模原市、相模湖町、藤野町域で中学校給食が家庭弁当との選択制を持たせたデリバリー弁当方式の導入がスタートしました。デリバリー弁当はパック牛乳付きで、保護者負担額が300円。申し込みはインターネットで、支払いはコンビニで完了します。献立は教育委員会の栄養士が作成。食材の発注も行います。委託先の調理業者が学校の配膳室まで弁当を配送。非常勤の臨時給食調理員が各クラス別に注文数を分けます。それを担当生徒がクラスまで運び、注文した生徒が取りに行く仕組みです。喫食率が上がらず、むしろ下がっていることもあり、今後の対応も含め、さいど、中学校給食検討委員会で評価をする予定だそうです。
横浜市の望ましい中学校昼食の実現へ向けて、大変参考になる視察でした。

20140124-154836.jpg
相模原市中学校のデリバリー給食

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。